日本神話イザナギとイザナミ

日本神話イザナギとイザナミ

日本における最初の結婚

日本神話に出てくる有名なお話です。ある時、天の神様たちは、イザナギ(伊邪那岐)、とイザナミ(伊邪那美)の命に、この海の中に漂う国を作って固めて欲しいとおっしゃって、天にある立派な矛をお授けになられました。

2人が日本を作った

イザナギとイザナミは天の橋に立ってその矛で海をかき混ぜました。持ち上げると、先から塩の雫が落ちました。その塩が積み重なってオノゴロ島(淡路島?)になったといわれます。その島に天から降り立って、イザナギとイザナミは天の御柱を立て、2人は、その柱を回って出会い、男女の交わりをいたしたのでした。

なかなか、いい子の神が生まれず、神様も占いをしました。「女性の方から話しかける」のがいけなかったと言われました。そして、イザナミは火の神を産んだ際に、大怪我をしてしまい、黄泉の国に旅たちました。奥さんを失って涙を流すイザナギ。しかし、時は遅かったというお話です。

PAGE TOP